顎と二の腕



  • 二の腕は、正確には、上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)と
    言います。

    上のイラストは、右の上腕三頭筋を後ろから見たものです。
    三頭なので、筋肉の付着箇所が3つに分かれています。
    外側頭・内側頭・長頭です。
    筋肉トレーニングなどで、腕を太くしたり、
    女性でしたら腕を引き締めるために刺激を入れる箇所です。

    顎のゆがみ、噛み合わせを調整する場合、
    歯科医院では、歯のみを診て削ったり器具の装着を
    勧めたりします。
    最近では、整体と歯科治療を併用で行う歯科医院も
    あるようですが、まだまだ少なく、実際に歯を削るドクターと
    整体を行うセラピストが別人であることが多く、
    現実はなかなか難しいようです。

    顎のゆがみについていは、該当ページを見て下さい。

    当院では顎の調整を二の腕で行うことがあります。
    二の腕、上腕三頭筋が慢性的に凝っている方ほど、
    顎のゆがみも大きいようです。

    顎のゆがみの原因の一つが、二の腕にあることを知らないと
    施術出来ませんね。

    概ね、同側に出ます。
    例えば、左の顎に痛みや違和感がある場合、
    左の上腕三頭筋のどこかが凝っているということです。

    ということは、腕の使い方一つで顎がゆがむということになります。

    重たいものを無理して持つことで凝りができることもあります。
    腕も気を付けて使わないとダメですね。


    戻る