• 首の骨は、頚椎(けいつい)です。
    頚椎は、通常7つあります。
    一番上は、第一頚椎で頭蓋骨の一部である後頭骨と繋がっています。
    一番下は、第七頚椎で胸の背骨へと繋がっています。
    頚椎と後頭骨を取り出してみましょう。




    上のイラストの緑色の骨が第一頚椎です。
    その上にあるのが、後頭骨です。
    第一頚椎から下へ順番に数えていくと第七頚椎まで7つあります。

    分かりやすいように、後頭骨と第一頚椎と第二頚椎だけを
    取り出してみましょう。
    下のイラストは、正面から見ています。




    緑色に透けている骨が、第一頚椎です。
    その上の骨が、後頭骨です。
    下の骨は、第二頚椎です。
    後頭骨と第一頚椎が繋がっている関節面が少し見えています。

    後頭骨のゆがみが、第一頚椎の安定性を欠く事はイメージが
    容易ですね。

    第一頚椎と第二頚椎を拡大してみましょう。
    下のイラストは、背中側から見たものです。
    透けている上の骨は、第一頚椎です。
    緑色の骨は、第二頚椎です。




    第二頚椎のお腹側の真ん中に突起があります。
    これを歯突起(しとっき)と言います。
    第一頚椎は、歯突起を軸にして左右に回ることが出来ます。
    第一頚椎の上には後頭骨がありますから、顔を左右に
    振り向く動作は、第一頚椎の動きやすさに関係しています。
    逆に第一頚椎と第二頚椎にゆがみがありますと、
    顔が左右に振り向きにくい症状が出るわけです。
    振り向き動作は、歯突起を軸に回旋する第一頚椎のお陰です。

    第一頚椎は、左右に回旋しやすいようにループ状になっています。
    別名、環椎(かんつい)と言います。
    第二頚椎は、別名、軸椎(じくつい)です。

    歯突起を頭に見立てると、仏様が胡座をかいて
    座っている様にも見えます。
    火葬場でお骨を拾う時に説明を受ける所でもあります。
    首に喉仏がありますが、それとはまた違います。

    首を縦に振る、頷く、上を見上げるなどの頭の前後の動作は、
    後頭骨と環椎の関節面が滑ることで可能になっています。

    環椎と軸椎の周りは他の関節と同じく靭帯(じんたい)があり、
    安定性を図っています。




    頚椎の特徴の一つですが、左右に血管が通る穴が開いています。
    穴を、横突孔(おうとつこう)と言います。
    血管は、椎骨(ついこつ)動静脈です。



    頚椎のゆがみや慢性的なねじれ癖が、心臓から脳への血流量に
    影響を与えることを考えると常に頚椎を正しい位置に
    保っておくことは重要です。

    顔を横に向いたり頭を前後に動かす動作は、
    第一頚椎と第二頚椎が担っていると先に説明しました。

    首すじの突っ張り、肩こりなどは主に第六頚椎と第七頚椎の
    影響を受けます。
    第四頚椎は首の真ん中です。
    第七頚椎は、肩に近い首の付根付近になります。




    肩付近の骨格を見てみましょう。
    下のイラストは、背中を左斜め後ろから見たものです。
    緑色の骨が、第七頚椎です。
    その上の少し透けてる骨が、第六頚椎です。




    第六頚椎と第七頚椎だけを取り出してみましょう。
    下のイラストは、真上やや後方から見下ろしたものです。
    透けてる骨が、第六頚椎です。
    その下にある緑色の骨が、第七頚椎です。
    イラストの上側がお腹側、下側が背中側です。




    次に、第七頚椎だけを取り出して、右に捻ってみましょう。
    お腹側(イラストの上側)が右を向いていますので
    この第七頚椎は、右回旋です。




    上のイラストの赤丸印は、横突起(おうとっき)と言います。
    緑丸印は、棘突起(きょくとっき)と言います。
    痩せている体型の方ですと、棘突起が縦にポコポコと
    並んでいる背骨が見えている時がありますよね。

    頚椎は、一般的には真っ直ぐではなく少し前に張り出しています。
    これを前弯(ぜんわん)と言います。
    背骨だけを取り出してみましょう。
    下のイラストは、背骨を左横から見たものです。
    イラストの左側がお腹側、右側が背中側です。
    緑色の骨は、第七頚椎です。
    第七頚椎から下は、胸と腰の背骨になります。
    頚椎がお腹側にカーブしているのが分かります。
    これを生理的弯曲と言います。
    背骨は重心を分散させるためにS字を描いているのです。




    頚椎のゆがみは、早めのケアで回避できますが、
    マッサージや痛み止めの注射でごまかし続けると
    手のしびれや握力低下などへ慢性化します。
    ストレートネックは、頚椎の生理的弯曲が失われ首が真っ直ぐに
    なっている状態の首です。
    デスクワークなどで目線を四六時中下向きにすることで
    首に癖が付くのです。


    戻る