頬杖



  • 右手で頬杖をつくと、顎は左によります。
    左手で頬杖をつくと、顎は右によります。

    頬杖をついてしばらくすると首が傾き始めるので
    頚椎(けいつい:首の骨)にも負担がかかります。

    頭と顔の重さを頬骨で支える格好になりますのでよくありません。
    頬杖をつくとすぐに顔がゆがみ始めますよ。

    下のイラストの赤色で囲ったところが顎関節です。



    顎関節のすぐ上に緑色の横棒みたいな形のところがありますが、
    これは、耳の周りの骨である側頭骨と頬骨をつなぐ
    ブリッジの場所です。

    ここに手のひらを引っ掛けて頬骨をつく格好になりますので、

    右手の場合は右の顔を、左手の場合は左の顔を
    押し上げる形になります。

    自ら顔をゆがませているのです。

    顎の関節は左右にありますが、下顎の骨は
    左右がつながって出来ている一つの骨ですので、
    右の頬杖が左の顎に、左の頬杖が右の顎に影響を与えることは
    イメージしやすいでしょう。

    顔の輪郭、フェイスラインを気にされている方は、
    頬杖をつく癖があるなら今からやめましょう!



    戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です