こるおでこ

  • 時々、顔がこっている方がいます。
    あごや頬骨など、、、おでこもこるんです。

    おでこの骨は前頭部にあるので前頭骨(ぜんとうこつ)といいます。
    下のイラストは前頭骨を真下から見ているものです。
    イラストの上側がお腹側、下側が背中側です。
    左右の大きなくぼみには眼球が収まります。





    前頭骨の外側の下には頬骨(きょうこつ)が左右にあります。
    前頭骨の真ん中の真下には、鼻骨(びこつ)があります。
    下のイラストは、前頭骨・頬骨・鼻骨のみを取り出して
    左斜め前方から見たものです。




    上のイラストにこめかみなどの骨を足しますと、
    眼球が収まるスペースが現れます。

    物事に執着したり悩み続ける事で前頭骨に感情が入りゆがみます。
    難しい顔をしたり考え込む事が多い時などは自然におでこに
    しわができることからもイメージしていただけると思います。
    ちなみに眉間も前頭骨の一部です。

    おでこがこっている所は部分的に固いです。
    骨だから固くて当たり前~、という声が聞こえてきそうですが、
    こっている所は更に固いです。

    こりのない落ち着きのある前頭骨はスッキリしています。
    逆に普段から悩みすぎて精神的にまいっている場合や
    心療内科などを受診されている方のおでこは全体がしまって
    緊張しておりおでこ全体がこっています。
    そんな方のおでこは動きが少なく目も一点を見つめて表情がありません。

    前頭骨のこりとゆがみの影響は脚や指などに表れます。
    歩行中にふらついたり集中力が低下する。
    目線を上に上げにくい。
    常におでこが重い感じがする。

    女性の方でしたらメイクで眉を書くと思いますが、

    書きやすい方と書きにくい方で差があるなどは
    おでこの一部である眉骨のゆがみがあることでしょう。
    おでこがきれいに整うとメイクはしやすくなりますし
    視界も広がり目も大きくなります。

    おでこのゆがみは鼻柱のゆがみと直結しています。
    おでこの一部である眉間の下は鼻柱につながりますので、
    おでこがゆがんで中心軸にねじれが生じますと、
    鼻柱もゆがみやすくなります。
    多少のゆがみでしたら気にならないと思いますが
    他人から見てわかる程度のゆがみでしたら調整している方がいいです。

    眉間の奥は臭いを感じる神経が脳から伸びてきている場所で
    おでこと合わせて鼻柱がゆがむとき、臭いに鈍感になることがあります。


    戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です