坐骨神経痛




  • 当院のお客様の中にも整形外科で坐骨神経痛と言われて来ました、
    とおっしゃる方は多いです。

    坐骨神経は、お尻から太ももの後ろとふくらはぎを通っている
    身体の中で一番太い末梢神経です。
    太さは、ボールペン位あります。
    坐骨神経を見てみましょう。
    下のイラストは、お尻を後ろから見たものです。
    イラスト右半分の黄色の縦線が、坐骨神経のイメージです。




    坐骨神経痛は、腰痛などで脚に症状が現れるものを総称して言います。
    具体的には、以下のような症状があります。

    ・筋のつっぱり
    ・しびれ
    ・痛み
    ・足に力が入らない
    ・前に屈めず靴下が履けない
    ・歩行障害
    ・つま先あげとつま先立ちが出来ない
    ・残尿感と尿失禁




    腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの症状のひとつとして
    坐骨神経痛があります。

    腰部椎間板ヘルニアの場合は、お辞儀をすると痛みが増し
    腰を後ろに反らすと楽に感じるようです。
    また、座っているよりも立っている姿勢の方が楽に感じる場合もあります。
    これは、椎間板に掛かるストレスが、立位よりも座位の方が
    数倍大きいからです。

    腰部脊柱管狭窄症の場合は、お辞儀をすると楽に感じ、
    腰を後ろに反らすと痛みが増すようです。
    一定時間歩いた後に休憩を挟むことで歩ける様になる
    間欠性跛行(かんけつせいはこう)も特徴です。

    整体的観点からの特徴の一つ目は、
    ハムストリングス筋の走行のゆがみです。

    ハムストリングス筋は、太ももの後ろの筋肉の総称です。
    見てみましょう。
    下のイラストは、太腿を後ろから見たものです。
    イラスト右半分の赤色部分がハムストリングス筋です。




    太ももの後ろの筋肉が、まっすぐである状態が正常で
    指先で圧すると柔らかくコリがないことが理想です。

    坐骨神経痛の方のハムストリングス筋は、真っ直ぐでは無く、
    うつ伏せで触れた時に外側にねじれているのが特徴です。

    お尻の下の縁から膝裏までの太ももの筋肉の全体の状態を調べます。
    お尻の下の縁に近い所の筋肉が硬くなって外側に張り出している場合、
    あるいは、膝裏付近の筋肉が硬くなってゆがんでいる場合などあります。
    一番多いのは、太ももの後ろの真ん中あたりが突っ張って外側に張り出して
    ねじれている場合です。

    特徴の二つ目は、仙椎のゆがみです。

    右の太ももの後ろがゆがんで外側に張り出している時、
    仙椎は大きく右側にゆがみます。
    左の太ももの後ろがゆがんで外側に張り出している時、
    仙椎は大きく左側にゆがみます。
    仙椎のゆがみが、太ももの後ろの筋肉の走行の状態に
    反映しているイメージです。

    特徴の三つ目は骨盤のねじれです。

    仙椎のゆがみと合わせて、骨盤のゆがみが顕著です。

    特徴の四つ目は、かかと足首です。

    うつ伏せの状態でかかとを診る時、
    かかとが真っ直ぐでは無く、内側に屈している状態である事が多いです。
    かかとがゆがんで足首におさまっている状態の骨の位置ですので、
    真っ直ぐ歩けるはずがありません。

    特徴の5つ目は、側頭骨の後ろの骨の位置と形状です。

    側頭骨の前側と後ろ側、上部と下部など全体を左右対称におさめる事は
    整体施術を行う上で必須条件です。
    坐骨神経痛やぎっくり腰などの方の側頭骨の特に後部は、
    凸凹でいびつです。
    側頭骨の後ろ側は、ちょうど耳の真後ろ辺りになります。

    他にも、親指や手首腕のねじれ具合など、確認するべき箇所は
    多数あります。


    戻る