手と腰

  • 何故、この場所とこの場所が繋がっているのか?
    常日頃から整体をしている先生方でも説明のつかない事が
    多いのが、人体の不思議な所です。

    骨盤や腰椎にゆがみがある方は、手の甲にもそれが現れます。
    腰骨がいびつなほど、手首の形もいびつなものです。

    お年寄りの腰骨は、加齢とともにいびつな場合が多いですが、
    やはりそれは手首の形にも出ています。

    具体的には、手の甲の手首側、手根骨(しゅこんこつ)に当たります。
    と手根骨の間にある中手骨(ちゅうしゅこつ)も該当します。

    それぞれを取り出してみましょう。
    下のイラストは、の骨を取り除いた手首と手の甲の骨です。
    右手を手の平側から見たものです。
    緑色に着色してある骨は、親指の中手骨です。
    中手骨は、手の甲の形を作る骨です。




    特に薬指と小指の付け根の中手骨の左右の動き方に癖がある場合、
    うつぶせでの背中の左右の盛り上がり方や強いては側弯症などに
    影響が出ます。

    下のイラストの緑色に着色してある骨は、小指の中手骨です。
    その隣の骨は、薬指の中手骨になります。
    右手を手の平側から見たものです。




    手首側の細かな骨である手根骨(しゅこんこつ)を固定して
    中手骨をつまんで実際に捻り、その塩梅を確認する必要があります。

    手根骨に対して、この中手骨がどちら側に捻りにくいか?
    それを確かめる事で手のゆがみ方の癖を知る事が出来ます。
    左右対象でないか、片方の手のみにゆがみが出ている場合は、
    調整している方が良いです。
    それは大まかなの施術にも繋がります。

    手根骨は、大まかに骨盤に見立てることができます。
    手根骨は8つありますが、それぞれの骨の位置を把握することで
    骨盤を調整する事が出来ます。

    下のイラストは、右の手根骨を手の平側から見たものです。
    緑色に着色してある骨は、有頭骨(ゆうとうこつ)という骨です。
    手根骨は、8つあります。




    整体の先生方でしたら、手根骨に触れることで
    手根骨のどの骨がどちら側へどの程度ずれているかを
    見極めることは容易いでしょう。

    手根骨の大きなずれは、手首痛、手を付けない、腱鞘炎など
    具体的な痛みに繋がります。

    長時間のデスクワークでマウスを握るなど、
    手を握りこむ作業が多い方は手根骨と中手骨がゆがみやすいです。

    また最近では、スマホやタブレット端末などを
    四六時中握りっぱなしで、ゲームやメールなどをしている
    方も多いでしょう。
    これらも間接的に腰痛の原因になります。

    いびつな手首はそうでない手首と比べて分厚いです。
    形の良い手首は、フラットで上手く力が抜けています。

    また、親指のゆがみが、腰痛の原因である事もあります。
    具体的には親指の隣り合う骨同士のねじれになります。




    上のイラストは、前腕の骨である橈骨と尺骨、手根骨の一部、
    親指の中手骨と指骨を取り出したものです。
    右の親指を手の平側から見たものです。

    緑色に着色してある骨は、親指の中手骨です。
    その右側にある骨は、手根骨の一つである、
    大菱形骨(だいりょうけいこつ)です。
    そのさらに右側にある骨は、舟状骨(しゅうじょうこつ)です。
    親指の中手骨の左側にある骨は、指骨の一つです。
    その先にもう一つありますね。

    これらが隣り合う骨同士で相互にバランスを取りながら
    ねじれ合うことで、親指の軸がずれ、その結果、
    腰椎と仙骨がねじれます。
    親指は、腰椎や仙骨を含めた身体の正中軸を現します。
    親指のねじれを取ることで、腰と仙骨を調整する方法は、
    極めて有効です。


    戻る