• 指のトラブルは結構あります。
    外傷では突き指、過度の使用で腱鞘炎と言った
    ところでしょうか。

    指のトラブルに対して、どの様に整体を施すか?
    基本的な捉え方を見ていきましょう。

    指には三つの骨があります。
    親指は、二つ。

    痛みや曲げにくいなどの違和感があるときは、
    指の三つの骨の中で隣り合う骨同士の関節のねじれを考えます。
    指は細長いので、その長軸に従ってねじれます。

    指の骨を見てみましょう。
    下のイラストは、右手を手の甲側から見たものです。
    イラストの上側は手首側、下側は指側になります。




    読み方は、
    手根骨(しゅこんこつ)、
    中手骨(ちゅうしゅこつ)、
    基節骨(きせつこつ)、
    中節骨(ちゅうせつこつ)、
    末節骨(まっせつこつ)。

    手根骨については、手首の大事をご覧下さい。

    説明上、指先から第一関節、指の付け根を第三関節とします。

    第三関節に異常があるときは、中手骨を固定して中手骨に対して
    基節骨がどちら側に捻じれているか?

    第二関節に異常があるときは、基節骨を固定して基節骨に対して
    中節骨がどちら側に捻じれているか?

    第一関節に異常があるときは、中節骨を固定して中節骨に対して
    末節骨がどちら側に捻じれているか?

    一つ一つの関節の動きを診て原因箇所とその関節の捻じれ方向を
    確認する必要があります。

    またそれぞれの指の骨は、中手骨も合わせて手根骨と同じように
    手の甲側や手のひら側へ浮いたりします。

    触診検査でそれらを把握してはじめて調整する事ができます。
    自分の指を調整するときは、固定する手が足りません。
    隣に誰がいたら、指を固定してもらって調べる必要があります。

    ねじれている側にねじれやすくなっています。
    逆に逆方向にはねじりにくいです。
    両方に捻れる骨は隣り合う骨に対して正常です。

    トラブルのある関節の手首側の骨を固定して
    指側の骨をしっかり保持して、少しだけ引っ張りながら
    そのまま、捻じれている方向と反対側に捻れば楽になります。

    程度が重い場合は、数回に分けて行う方がいいです。
    痛みのある指を捻ると、逆効果です。

    親指と中指は、身体の中心軸を表します。
    腰が悪い人は、親指が捻れている場合、
    親指を調整することで腰を調整する事があります。

    が悪い人は、中指が捻れている場合、
    中指を調整することで首を調整する事があります。

    膝が悪い人は、小指が捻れている場合、
    小指を調整することで膝を調整する事があります。

    足の指先が曲がっている場合は、
    親指や小指の末節骨の中の捻れを調整して
    足の指の動きを調整する事があります。
    例えば、外反母趾などに応用します。

    こめかみからくる頭痛などの場合で頭を調整する場合は、
    薬指と小指の第一関節を矯正してこめかみを調整します。

    側頭部から来る頭痛や頭重感の場合は、
    人差し指や中指の第一関節を矯正して側頭部を調整します。

    や腰の付け根がゆがんでいる場合は、
    中指の第三関節を矯正して首と腰を間接的に調整します。

    股関節に痛みや違和感がある場合は、
    親指の第二関節を矯正して股関節を調整します。

    上記は一例です。
    お仕事や何気無い普段の生活動作の癖が、指にねじれとして入り、
    肩こりや腰痛、頭痛、膝痛などの慢性疾患を作ります。

    最近では、四六時中スマホを握ってゲームをする人が
    増えています。

    親指に常に力を入れて曲げている状態は、
    腰痛、顎関節症首の痛み、足のゆがみを作ります。

    例えば、両手をパーにして口を開けたり閉じたりしてみてください。
    次に両手をグーにして口を開けたり閉じたりしてみてください。

    グーにすると口が開けにくくなります。

    右手をグーにして左手をパーにしますと、
    右のの動きは制限されますので口を開けると
    顎先は右に寄ります。

    左手をグーにして右手をパーにしますと、
    左のの動きは制限されますので口を開けると
    顎先は左に寄ります。

    指がまっすぐでない、あるいは、指のゆがみが気になる。
    そんな方は一度チェックしてみても良いと思います。
    指のゆがみが、顎関節症の一因であることも珍しくありません。


    戻る