手首の大事

  • 当院に来られるお客様の半分以上の方は、手首が悪いです。

    手首が悪いと言いましても、手首自体が痛い訳ではありませんので、
    お客様自身に自覚はありません。

    手首の症状で言いますと、腱鞘炎や手のしびれなどが、
    挙げられますが、余程悪くならないとこれらの症状は出ません。

    整体施術後、身体が緩んで来ますと、手首の関節の可動域が
    広がり手首自体が楽になります。

    手首は緩み過ぎてもいけないのですが、
    固まって動きの悪い手首が一般的には悪い状態です。

    動くけども動きにくい、動きに引っかかりがある、
    いっぱいまで曲げると曲げにくい、
    曲げると痛む、手がつけない。
    いろいろあります。

    大概は、手の使い方の癖による首と肩、頭と顔面骨の位置の
    捻じれ癖なんです。
    それに伴う全身のトラブルで手首も固くなります。

    手首の動き方にはいくつかあります。

    ・背屈・・・手の甲を上に上げる
    ・掌屈・・・掌を下に下げる
    ・橈屈・・・親指側に曲げる
    ・尺屈・・・小指側に曲げる
    ・回旋・・・手首をねじる

    上記に指の動きが加わります。
    親指以外の4本の指は、手首から遠いので
    親指に比べて、手首への
    影響は少ないです。
    親指の付け根は、手首に近いので整体施術上は、
    親指のねじれ癖も手首と合わせて診る事が多いです。

    下記のイラストは、橈屈・尺屈のイメージ図です。
    左の手のひらです。




    橈屈・尺屈は、手首の水平方向の動きです。
    大抵の方は、尺屈しやすく橈屈しにくいです。
    親指側に曲げにくいです。
    全く親指側に曲がらないのは、明らかな異常です。
    また、左右で手首の関節の動きに差がある事もあります。
    左より右の手首の動きが悪いなどです。

    これらは、慢性化しますと、顎関節症や顔のゆがみの
    原因にもなります。

    手首の回旋(ねじれ)は、手首のシワを境にして腕側と手側とで
    逆方向にねじれ癖が付いている状態です。

    雑巾を絞るように逆方向にねじれるのです。
    ですので、整体施術上、手首を触診検査する場合は、
    手首がどちら側にひねりにくいかを確認します。
    手首はひねりやすい方にゆがんでいます。

    親指の付け根で手の平側の膨らみのところは、
    内側にねじれて盛り上がっている事があります。
    下のイラストは、左手を手のひら側から見たものです。
    赤丸で囲ってある所が、 母指球(ぼしきゅう)です。




    母指球は、平たいほうが良いです。
    盛り上がっているほど、親指が開きにくく
    パーしにくい手のひらになります。
    親指の動きと柔軟性に関係します。

    手首を構成している細かな骨を手根骨(しゅこんこつ)といいます。
    手根骨を見てみましょう。
    下のイラストは、右手を手の甲側から見たものです。
    イラストの上側は手首側、下側は指先側になります。
    赤丸で囲ってある骨が、手根骨です。




    手根骨は8つあります。

    例えば、その中に舟状骨(しゅうじょうこつ)があります。
    この骨は、首の骨である頚椎と関係が深いです。
    舟状骨の左右のバランスが頚椎のゆがみを決めます。

    例えば、座った姿勢でまっすぐ前を向いた状態で、
    両手の手のひらを軽く開いたパーの時は、
    顔を右に向いたり左に向きたりするときに動きは均一です。

    試しに、右手を親指中の握りこぶしか親指の先を
    小指の付け根に向けて折り曲げた状態にしてください。
    左手は軽くパーして下さい。
    そのまま顔を右に向けてください。

    右手をパーに開いている時よりも向きにくいでしょう。
    その代わり左には向きやすくなっています。

    反対に左手を親指中の握りこぶしか親指の先を小指の付け根に向けて
    折り曲げた状態にしてください。
    右手は軽くパーして下さい。
    そのまま顔を左に向けてください。

    左手をパーに開いている時よりも向きにくいでしょう。
    その代わり右には向きやすくなっています。

    両手を軽くパーにしたまま再び顔を左右に振り向くと
    動き易さは元に戻っています。

    親指の付け根の骨である舟状骨の位置が、
    頚椎の回旋(ねじれ)を決めているのです。
    誤解を招かないために付け加えますと、
    舟状骨のみが頚椎の動きを決めている訳ではありません。
    他にもありますが、ここでは割愛します。

    三角骨(さんかくこつ)。
    腰の背骨である腰椎(ようつい)と関係が深いです。
    また、お尻の筋肉ともつながりがあり、三角骨を操作する事で
    お尻を解す事が出来ます。

    豆状骨(とうじょうこつ)。
    腰の背骨である腰椎(ようつい)と関係が深いです。
    また、あごとも繋がっています。

    大菱形骨(だいりょうけいこつ)。
    尾骨と関係が深いです。

    有頭骨(ゆうとうこつ)。
    骨盤の真ん中の骨と関係が深いです。

    有鈎骨(ゆうこうこつ)。
    この骨がずれると手首痛と腰痛になることもあります。
    骨盤と関係が深いこの有鈎骨は、薬指の付け根から
    手首側にたどると触ることができます。

    慢性腰痛の方の手首は、手根骨の位置が悪く形がいびつです。

    手首の回旋が左右で異なりますと、顎がゆがみます。
    手首が固く関節が詰まりますと、頭と首の繋ぎ目が凝ります。
    手首が固い人は、首の上側が凝っている人です。

    上記は一例ですが、手首と全身の相関関係は多様です。

    手首以外の場所を整体しますと手首は柔らかくなります。
    逆に手首から全身を調整できる整体法もあります。

    手首には、身体の調整ポイント、反射区が沢山あります。
    骨盤、尾骨、鎖骨、肋骨、頭蓋骨、顔面骨あごなど。


    戻る