手根管症候群

  • 手首の違和感や痛み、手のしびれなどで
    整形外科を受診しますと、時々付く診断名です。

    概要は、手首のほぼ真ん中を通る手の平側のところで、
    頚椎からくる神経の一部が何らかの原因で圧迫を受け、
    人差し指や中指、親指などにしびれ・知覚異常・筋力低下を起こす。
    というものです。

    具体的には、手が付けない、手で体重を支える事が出来ない
    握力低下、手首の腫れ、などがあります。
    酷くなりますと、しびれている指の感覚もなくなり
    指先が一枚厚い皮で覆われているような違和感も出ます。

    整形外科では、対症療法と保存療法があります。
    例えば、痛み止めの注射を打ってみたり
    手首を動かないように固定するなどです。

    現実的には、それでは治りません。
    手首を固定しますと、手首の関節が固くなり、
    周りの筋肉も痩せてきますので予後は悪いです。

    結果、手術に踏み切る場合もあります。

    手根管症候群の診断基準のひとつにチネル兆候があります。
    チネル徴候は、手首の神経の通り道の真上のところを
    指先で軽くたたいて指先側にしびれ感覚が響く(放散)するか
    どうかを診るものです。
    正常では放散はありません。

    手根管症候群の方の手首を診ますと手根骨(しゅこんこつ)が
    収まるべき位置にありません。

    整体ではこれを整えます。
    骨の位置が綺麗に収まれば、神経への圧迫も取れますので
    症状は軽減もしくは消失します。
    症状の程度によりますが、軽度のものであれば、
    2〜3回でよくなります。

    橈骨の位置を確認しますと、下方変位している場合もあります。
    下方変位とは、肘から手首まで伸びる親指側の
    細長い骨が手首側にずれている様です。

    手根骨とは、手首にある細かな骨の集まりで8つあります。




    上のイラストは右手を手のひら側から見たものです。
    赤丸で囲ってある細かな骨の集まりが手根骨です。

    8つある手根骨がミリ単位で微妙に多方向へズレる事で、
    首から指先まで伸びる神経が手首のところで
    圧迫を受けて痺れなどの症状が表れます。

    レントゲンでは、骨折などは発見出来ますが、
    細かな骨のズレは分かりません。
    立体的に動く骨のズレを平面写真で判断する事は無理があります。

    8つある手根骨をひとつひとつ触診しなければなりません。
    加えて橈骨尺骨の位置も確認する必要があります。


    戻る