腕がだるい

  • 腕がだるい、だる痛い。

    そんな時は、力こぶの筋肉が固くなって凝っている事が多いです。
    力こぶの筋肉は、上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)と言います。




    上のイラストは、右の上腕二頭筋を前から見たものです。
    筋トレをされる方は腕を太くするために鍛える筋肉でもあります。
    二頭筋なので、筋肉の端は2つあります。
    二頭の筋肉の始まりは肩甲骨ですが、よく見ると
    微妙に位置が違いますね。

    肩甲骨の動きが悪いと上腕二頭筋が凝ってくることは
    上のイラストを見ますとイメージしやすいですね。
    肩甲骨の左右のバランスが腕の動きを決めていると言っても
    過言ではありません。

    肩甲骨の左右のバランスは、頭蓋骨では側頭骨のバランスで
    決まります。
    側頭骨の位置が良いと、肩甲骨の位置もバランスも良いです。
    肩甲骨のバランスが良いと、腕の動きが楽になりますので
    上腕二頭筋が力むことはありません。

    因みに、側頭骨の位置が極端に悪くなりますと、
    肘が伸びなくなります。

    上腕二頭筋に限らず、
    筋肉が硬くなると血液、リンパ液の
    流れが悪くなりますので
    腕の代謝が落ちていつまでも
    だるさが抜けないんですよね。

    上腕二頭筋を緩めるには、軽く指で摘み動作を
    2~3回しますと、柔らかくなります。

    上腕二頭筋が緩むと身体の力も抜けてリラックスできます。
    力んでいた自分に気付くことでしょう。

    側頭骨の位置が極端に悪いですと、上腕二頭筋を摘むだけでは、
    効いてこない場合もあります。
    その場合は、側頭骨の調整から行うとスムーズに行くでしょう。


    戻る