抜歯ストレス

  • 歯医者にて抜歯しますとその後の
    頭蓋顔面骨に対する徒手調整が必要です。

    それは抜歯処置により物理的に上顎もしくは
    下顎を中心に顔面骨に対して歪みが生じるからです。

    歯医者さんで徒手調整が行われれば良いのですが
    頭蓋顔面骨に歪みが生じる概念は
    通常の歯科医師は持ち合わせていません。

    抜歯後の不具合を無理に訴えると
    削る必要のない歯を削ることで症状を取り除こうとする
    歯科医師も居ますので注意が必要です。




    上記イラストの緑色に着色してある骨は
    右の上顎骨(じょうがくこつ)です。
    その反対側は左上顎骨。
    下顎骨(かがくこつ)は半透明にしてありますから
    後ろ側の頚椎が見えています。

    左上顎骨、下方内旋
    右上顎骨、外旋
    上記歪みにより鼻筋が曲がる。

    下顎角、大きく左旋
    右咬筋下方
    上記歪みによりフェイスラインに影響
    不正咬合


    戻る