前腕の診方



  • 前腕(ぜんわん)は、肘から手首までを言います。
    ちなみに肘から肩までは上腕(じょうわん)です。

    上のイラストは、右の前腕を手のひら側から見たものです。
    肘から手首までは2つの長い骨があります。
    緑色に着色してある骨を尺骨(しゃくこつ)と言います。
    小指よりの骨です。
    隣に寄り添うように付いている骨は、橈骨(とうこつ)です。
    親指よりの骨です。
    尺骨が肘の内側の骨、橈骨が肘の外側の骨です。

    この橈骨と尺骨のバランスと位置関係を把握することが、
    整体を行う上で重要になります。
    施術前と施術後で2つの骨の位置の変化についても
    理解する必要があります。

    橈骨が手首側へ動くことはよくあります。
    手首側へ動くので下方変位です。
    下のイラストは、右の手首を手のひら側から見たものです。
    イラスト内の下向きの矢印は、橈骨の下方変位を
    イメージしています。

    この場合、橈骨の手首側の親指側の少し膨らんだ出っ張り部分を
    押さえてみると痛みや違和感があります。
    下のイラストの赤丸印の所が押さえると痛む場所です。
    肘側へ向かって押さえると痛みが増します。
    痛みを感じない橈骨は、位置が正常です。




    痛みが強い方は、その部分が腫れて赤くなっている
    場合もあります。
    橈骨が手首側へ動くことにより、手首の関節の遊びが減り
    橈屈しにくくなります。

    手首を親指側へ曲げる動作を橈屈(とうくつ)、
    小指側へ曲げる動作を尺屈(しゃっくつ)といいます。




    橈骨の手首部分の変位は、周りの腱や靭帯、神経などを
    圧迫するので尺屈もしにくくなります。
    親指中の握りこぶしで尺屈をした時に手首の親指側が
    痛む方も橈骨の位置が悪くなっている可能性があります。




    尺骨は、橈骨とは逆に肘側に動いている場合があります。
    尺骨の上方変位です。
    この場合は、肘の内側に違和感が出ます。

    肘の内側の少しへこんだ部分や出っ張った部分を触診すると
    違和感を感じる方もいらっしゃるでしょう。

    尺骨が肘側に動いている方は、
    尺屈しやすく橈屈しにくいと思います。

    橈骨の手首側の親指側の少し膨らんだ出っ張り部分に
    痛みは感じないが、尺骨しやすい場合は、
    橈骨の変位はないと考えます。

    尺骨が肘側に動いている分、肘の関節の隙間は詰まってきますので
    肘の内側が固くなり肘の曲げ伸ばしに違和感を感じたり、
    痛みを感じる場合もあります。
    肘を伸ばした時に、肘関節の中で引っ掛かりを感じたり
    クリっと音がする場合もあります。

    また、肘がまっすぐに伸びない場合も異常です。
    仰向けで手のひらを上に向けて肘を伸ばした時に
    手の甲が床面に付くかどうかで判断できます。
    付かない方は、肘に異常あります。

    橈屈も尺骨も違和感なく出来る手首は正常です。
    橈骨、尺骨に異常がないのに手首に痛みや違和感がある場合は、
    手首や手のひらの細かい骨の位置に異常があるのかも知れません。


    戻る