肘の痛み



  • 肘の痛みを分析してみましょう。

    上のイラストは、右肘を前から見たものです。
    上側の大きな骨は、肩から伸びている上腕骨(じょうわんこつ)で、
    半透明にしてあります。
    左下の骨は、橈骨(とうこつ)です。
    右下の緑色に着色してある骨は、尺骨(しゃくこつ)です。

    上腕骨の向こう側に緑色の尺骨の一部が見えます。
    尺骨の先端は滑車状になっていて上腕骨の端と噛み合っています。
    腕を伸ばした時に尺骨の滑車の先端が上腕骨の後ろ側の窪みに
    はまる構造になっています。

    左下の橈骨の端は、輪状になっています。
    腕をひねることが出来るのは、輪状になっている橈骨の一部が
    尺骨との関節面を回転しながら動くからです。

    膝は、伸ばしたままでは、脛(すね)だけを外側や内側に
    ひねろうとしますと、太腿も一緒にひねれてしまいますが、
    肘は、真っ直ぐに伸ばした状態でも曲げた状態でも
    肘から先を外側や内側にひねることが出来ますし、
    また、肩から手首までを一つの長軸としてひねることも出来ます。

    ドアノブを回したり、雑巾を絞ったりするときに
    上腕骨までひねる人は居ませんよね。

    肘は、痛む場所によって原因が変わります。
    大まかには内側が痛い、あるいは、外側が痛いという
    ことになります。

    外側の上側の痛みですと、黒丸印になります。
    場所は、上腕骨の外側です。
    外側の下側の痛みですと、緑丸印になります。
    場所は、橈骨になります。
    同じ橈骨の痛みでも、橈骨の前側が痛むのか
    外側が痛むのか、後ろ側が痛むのかで変わります。

    内側の上側の痛みですと、赤丸印になります。
    場所は、上腕骨の内側です。
    内側の下側の痛みですと、水色丸印になります。
    場所は、尺骨になります。
    同じ尺骨の痛みでも、尺骨の前側が痛むのか
    横側が痛むのか、後ろ側が痛むのかで変わります。

    上腕骨の痛み、黒丸印と赤丸印の痛みですと、
    その場所は、手首を上げ下げするときに使う筋肉の
    付着部になりますので、テニスやゴルフ、野球など
    使い過ぎで炎症とともに痛みが出る場合が多いです。
    この場合は、該当の筋肉を解すなど処置が必要になります。

    橈骨と尺骨の痛み、緑丸印と水色丸印の痛みですと、
    それぞれの骨の位置が悪い、収まり具合が悪い場合に
    痛みや違和感を感じる事があります。

    例えば、橈骨の場合ですと、前側あるいは、後ろ側に
    出っ張っている。
    骨は通常出っ張っている側に痛みを感じます。
    尺骨の場合ですと、上腕骨に対して尺骨が内側あるいは、
    外側にひねれている骨の位置である場合、
    痛みや違和感を感じることがあります。

    上腕骨の痛みですと、スポーツなど腕の使用を控えるなどを
    考える必要がありますし、橈骨と尺骨の痛みですと、
    それぞれの骨を正しい位置に収める、ねじれがある場合は、
    ねじれを取って真っ直ぐにする必要があります。


    戻る