顎と鼠径部



  • 脚の付け根、股関節あたり、股の付根、
    その辺りに違和感が出ることがあります。
    股関節が詰まって歩きにくいなどあります。

    整形外科に行ってレントゲンをとっても案の定異常なし。
    そんな時、骨盤のゆがみもあるかもしれませんが、
    のゆがみが原因で鼠径部に症状が出る事があります。

    顎先は、恥骨。
    恥骨は股間、中央部分です。
    股関節自体は、顎関節と関係があります。
    顎のエラの部分、下顎角の左右差は鼠径部の真ん中に
    突っ張り感をもたらすようです。

    鼠径部の中には、お腹から脚へ向かう太い動脈があります。
    鼠径部にストレスがありますと、脚への血流にも
    影響が出ます。
    の調整後に脚が暖かくなることはよくあることです。

    鼠径部を触るとコリコリとしている部分があります。
    それは、顎の調整後になくなります。
    コリコリとしているところは強く押すと痛みや違和感を
    感じるかもしれません。

    が原因で鼠径部に症状が出ている場合は、
    同時に踵と足の小指が捻れていることもあります。

    足の小指は、大抵の人が内側に捻れていると思います。
    捻れ方が極端か、左右差が大きいと踵もゆがんで
    立っていて気持ち悪かったり足首が落ち着かなかったりします。
    踵が落ち着いている人は、精神的にも安定している人です。

    足の小指のねじれを調整しますとは動きます。
    顎を直接動かすことは素人は大変です。
    ゆがみ方向の判断を間違うと尚更です。
    足の小指から調整すると安全です。

    鼠径部を調整するためにを正すわけですが、
    その顎を正すために足の小指のねじれを取るわけです。

    血管自体が閉塞している場合は、病院で治す必要がありますが、
    お腹やあごのゆがみで血流に悪影響が出ている場合は
    整体院で調整する必要があります。



    戻る