頭蓋顔面骨の考察2



  • 上のイラストは、頭を左側から見たものです。
    おでこの骨である前頭骨と左の側頭骨と頭頂骨を
    透かしています。
    こめかみの骨である蝶形骨は、緑色に着色しています。

    頭蓋顔面骨を前から見ますとおでこの骨と鼻骨の間に
    溝があります。
    溝を縫合(ほうごう)と言います。

    正面から外側へと順に辿って行きますと、

    鼻骨(びこつ:鼻の骨)
     ↓
    上顎骨(じょうがくこつ:上あごの骨)
     ↓
    涙骨(るいこつ:鼻の後ろの骨)
     ↓
    篩骨(しこつ:鼻の真後ろの骨)
     ↓
    蝶形骨(ちょうけいこつ:こめかみの骨)
     ↓
    頬骨(きょうこつ:ほっぺたの骨)

    となります。

    上記の骨だけを取り出してみましょう。
    下のイラストは、緑色に着色してある蝶形骨以外の
    手前にある骨を透かしています。
    左の上顎骨や頬骨の向こう側に蝶形骨があるイメージです。




    次に側面を前方から後方へと順に辿って行きますと、
     ↓
    頬骨(きょうこつ:ほっぺたの骨)
     ↓
    蝶形骨(ちょうけいこつ:こめかみの骨)
     ↓
    側頭骨(そくとうこつ:耳の周りの骨)
     ↓
    後頭骨(こうとうこつ:頭の後ろの骨)

    となります。

    上記の骨だけを取り出してみましょう。
    下のイラストは、緑色に着色してある蝶形骨以外の
    手前にある骨を透かしています。
    左の頬骨の奥に蝶形骨があるイメージです。
    左の側頭骨も透かしていますので、後頭骨の内側が見えています。




    顔を正面から見ますと上側の骨は、
    おでこの骨である前頭骨(ぜんとうこつ)だけです。
    頭を側面から見ますと上側の骨は、
    天辺の骨である頭頂骨(とうちょうこつ)だけです。
    取り出してみましょう。

    下のイラストは、前頭骨を透かしています。
    奥にあるのは右側の頭頂骨です。
    薄緑色の骨は左側の頭頂骨です。
    上記2つのイラストに下のイラストの骨が
    帽子のように上から被さる格好になります。
    その境目で、頭と顔が逆方向に捻れることがあります。




    頭を天辺から見下ろした時に、前頭骨と頭頂骨は、
    下の縁を境にして時計回り、下の縁から下にある
    前頭骨と頭頂骨以外の上記8つの骨は反時計回りとなる
    ねじれ方があります。
    位置的には、こめかみの中央付近、眼鏡のフレームを
    引っ掛ける耳の上の位置辺りになります。
    側頭骨の上の縁は、耳の上からさらに数センチ上にありますが、
    大凡、こめかみの高さで頭が上下で逆方向へタオルを絞るように
    ゆがむことがあります。

    これは、頭蓋顔面骨の各骨がその中で歪みやねじれを生じている
    というよりは、全体がどういう風に大まかにゆがんでいるかを
    確認するものです。


    戻る