首のゆがみ

  • お客様の首を触るとよく聞かれるフレーズがあります。

    「首ゆがんでますか?」

    首は、身体の中でもゆがみを自覚できる敏感な場所ということに
    なります。

    「肋骨ゆがんでますか?」
    とは、聞かれたことはありません。

    実際に首がゆがんでいる状態とは、どういう事なのでしょう?
    それは、首を触診すれば分かります。
    首は、頚椎(けいつい)のページでも記しましたが、
    7つあります。
    頚椎を見てみましょう。

    下のイラストは、左斜め後ろから見たものです
    緑色に着色してある骨が頚椎です。
    数えると7つあります。




    第七頚椎のみを取り出してみましょう。
    下のイラストは、第七頚椎を真上から見たものです。
    イラストの上側がお腹側、下側が背中側です。
    赤丸印は、右の横突起(おうとっき)です。
    緑丸印は、棘突起(きょくとっき)です。
    説明上、第七頚椎を少し右へ回旋させています。




    第七頚椎に限らず頚椎が右回旋する時、
    右の横突起は後ろ側に出っ張ります。
    その分、左の横突起は前側に移動します。
    触診では、お客様の首を優しく触れるように摘んで
    横突起の左右が前後どちら側に位置しているかで
    頚椎の回旋を見極めます。

    横突起が後ろ側に出っ張っている場合、
    右肩の筋肉が出っ張っている横突起に押されて
    固くなります。
    左右のどちらかだけ肩が張るような症状の時は
    頚椎の回旋があるのかも知れませんね。

    上のイラストの様に、右の横突起が後ろ側にある場合、
    棘突起は、左側に移動しているのが一般的なゆがみですが、
    頚椎をはじめ他の背骨にも言えることですが、
    左右どちらかに側方移動しながら回旋しますので
    一概には言えません。
    棘突起が左側にあるからといって、右回旋と決めつけては
    ならないゆがみ方の頚椎もあるのです。
    触診検査は優しく丁寧に慎重にです。

    7つある頚椎はどの骨も右を向いたり左を向いたり
    多少はしているものです。
    当院では、頚椎を出来るだけ真っ直ぐに近づけます。
    ゆがみがきつい頚椎ほど、痛みや症状もきつくなります。

    首のトラブルに寝違い、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症などがあります。
    頚椎症は、頚椎の落ち着きが無く安定性が損なわれています。
    寝違いは、実際に頚椎の位置を触診しますと7つある頚椎の向きが
    互い違いになっています。
    第一頚椎が右回旋、第二頚椎が左回旋、第三頚椎が左回旋
    第四頚椎が右回旋、第五頚椎が左回旋、第六頚椎が右回旋、
    第七頚椎が左回旋などです。
    頚椎がそれぞれ右を向いたり左を向いたりしているのです。
    中でも第六頚椎と第七頚椎の反対方向へのねじれが顕著です。
    タオルを絞るように反対向きに捻れ合っているのです。

    頚椎椎間板ヘルニアの場合も同様です。
    ヘルニアは、頚椎の間にある椎間板の一部が飛び出して
    神経を圧迫している状態を言います。




    頚椎にゆがみがあって更に無理を重ねることでヘルニアになります。
    正常な頚椎が突然ヘルニアになることはありません。
    MRIなどの画像診断上、首にヘルニアが見つかって、
    それを手術で取り除いても頚椎のゆがみを医師が診ることは
    ないので、術後良好というわけには行かないようです。

    頚椎のゆがみは首を使って起こることは少なく、
    手や腕を酷使することで疲労が蓄積し頚椎がゆがみ始めます。
    大概は、お仕事や趣味を無理した結果です。
    パソコン仕事に楽器、パッチワークに粘土細工その他です。
    お仕事は別かもしれませんが、趣味などは好きでやって
    しまいますから仕方ありません。
    常にメンテナンスをして正しい頚椎を維持することで
    趣味を続けることが出来ます。

    喉の引っ掛かり、つばを飲み込みにくい、喉がゴロゴロする、
    この様な症状も頚椎のゆがみが絡んでいます。
    喉の下の方、気管から気管支に別れるところでは鎖骨のゆがみも
    関係します。

    甲状腺、甲状軟骨、輪状軟骨、舌骨などのゆがみも
    頚椎のゆがみと関係が深いです。
    お客様の中には、当院に通い始めてから甲状腺ホルモンの数値が
    お薬の服用なしで下がってきたという話もあります。
    立場上、疾患に効くとは謳えませんがその辺はご理解下さい。

    腕の酷使で左右の腕の筋肉のこり方に差が出る場合、
    頚椎は腕がこっている側にゆがみます。
    例えば、右腕がこっている場合、その頚椎は右に回旋します。
    逆に、腕を調整することで頚椎のゆがみを正すことも出来ます。

    首が悪くて頚椎がゆがむのではないので、首を力いっぱい
    マッサージでもんでも意味のないことが分かります。
    無闇矢鱈に首を素人が触ると頚椎はもっとゆがみます。


    戻る