頭の形と腕



  • 頭や顔の骨のバランスが悪い、
    わかりやすくいうと形が悪い、
    頭がゆがんでいる、
    顔のバランスが左右で違う、
    当院ではこの様な悩みのお客様が多いです。

    骨盤や足がゆがむのと同じように
    頭の形にも変化が表れます。

    肘から手首までの外側、手の甲を起こす時に使う筋肉が
    付いている側が張っている場合は、
    首も凝りますし肩も凝ります。

    肘から手首までの外側の筋肉を緩めることで
    首や肩が楽になるのを何度も確認しています。
    肩や首をいくらもんでも解決しないのは
    腕に原因があるんですね。

    おでこの骨である前頭骨の左右の出っ張り具合や
    耳の上辺りの骨である側頭骨の左右の出っ張り具合、
    後頭部の左右の出っ張り方や形が違う、
    そんな場合は、肘から手首までの内側の筋肉、
    掌を手前に曲げる時に使う筋肉が付いているラインが
    張って固くなっている場合があります。

    いずれにしましても、
    腕が固くて筋(スジ)がねじれて付いている、
    こんな場合が多いんです。

    その場所を緩めると、頭の出っ張っている所が
    引っ込んで形が良くなります。

    形が良くなると頭痛も起こらなくなりますし、
    スッキリしてきます。

    頭痛が慢性的に起こってしまうレベルの
    頭の形の悪さは、精神面にも影響が出ますから
    早めの処置が必須ですね。

    原因は腕や手の癖にあるのかもしれません。


    戻る