うつぶせ寝



  • 身体の悪い人は仰向けで寝れないとか、
    腰が痛いから横向きになって寝るとか、
    うつぶせになって寝ないと安心できないなど、
    人それぞれ癖があります。

    うつぶせで寝る場合、整体院で見かける穴あきベッドは
    無いでしょうから、ご自宅では顔をどちらかに向けて寝る、
    という事になると思います。

    顔を向ける方向は、やりやすい方とやりにくい方とが
    あると思います。
    奇数日は右向き、偶数日は左向き、
    こんな芸当はまさか出来ないでしょう。
    向きやすい方に向けて眠るのです。

    うつ伏せで顔を左に向けて眠る場合、
    右側の頬骨が床面から頭の重さ分押される事になります。
    首の骨である頚椎も同じ方向に向いたままになります。

    概ね、7つある首の骨の上半分は
    右にねじれて下半分は左にねじれます。




    下半分の首の骨は即ち、第5~第7頚椎ですが、
    それが左に向くことで左の肩こりが発生します。

    上半分の首の骨、即ち、第1~第3頚椎は、
    顔の向きと反対の方へ向く癖をつけることによって、
    後頭部から首の下の付け根まで全体的に見た場合、
    ねじれながらバランスを取っている形になります。

    全てが左に向いたら真っ直ぐには歩けませんから。
    時々、そういう方も居ますけどね。

    頬骨が右から押されて左を向く分、
    頬骨の上下は右に向きます。
    頬骨の中で細かいゆがみが出来るんですね。

    頬骨の内側にある上顎骨も左に向きます。
    上顎骨がゆがみますと鼻の通りに左右差が生まれて
    鼻呼吸が辛くなります。
    上顎骨の真ん中にある鼻がゆがんできます。
    鼻筋が曲がるんですね。

    この様な頭の形、顔の骨のトラブルは、
    集中力の欠如、睡眠障害、頭痛、眼疾患などに
    表れて出てきます。


    戻る