二極化



  • 最近多いですよね、「60分、2980円」。
    同じ行動範囲なのに目にすることが多くなってきました。

    まぁ、時代にあった商売と言ったところでしょうか?
    整体院もそうなのかもしれません。

    お客様からみたら、
    『60分、2980円のマッサージも
    整体院も一緒じゃないの?』って、
    感じている方も多いのでは?

    実際、施術を受けて見ないと何をしているのか
    詳細までは不明です。
    でも大体想像はつきますよね。

    「お客様が悲鳴をあげない程度の刺激を
    スタッフの指先で押圧している」
    または、「お客様が気持ちよく感じる程度の刺激を
    スタッフの指先で与えている」

    話は変わりますが、私のヘアースタイルは坊主なんです。
    ケアが楽でバリカンで済みますから、寝屋川の商店街の
    とある理容店で定期的にやてもらいます。

    ちなみに値段は、1300円。
    丸刈りです。
    スタッフによっては丁寧な人もいれば若干雑な方もいます。
    しかし指名すると行き辛くなるので、指名することなく
    一応は気に入っているので通っています。

    自宅からそのお店にたどり着くまでに
    実は理容店は数件あります。
    でも毎回そのお店に行きます。
    安いし雰囲気がいいから。
    坊主頭なので基本はスタッフのどなたに当たっても
    ハズレはありません。

    他店は、1000円~1600円の間の価格設定です。

    ほぐし処やマッサージ屋さんも、これだけ他店舗が増えますと
    価格競争が激しくなり、同業者同士でつぶしあいをしているのが
    現状のようです。

    先日見つけたのは、60分、2480円です。
    一体どこまで下がるのでしょう。

    やっている事は整骨院の保険が利く慰安マッサージの
    時間が長いバージョンだと私は思っています。
    なぜそう思うかと言いますと、
    私もそんな場所で働いていた経験があるからです。
    例外もあります。

    整骨院業界は最近特に厳しい。
    柔道整復師の増加で各々が財源の取り合いをしているのです。

    毎月のレセプト、帳尻合わせの療養費請求、疲れて来ます。
    その結果、最近では自費施術を取り入れる整骨院が増えてきました。
    保険を使わないで実費をお客さんに請求する。
    保険施術のみに頼っている整骨院はお財布事情が厳しいのです。

    お客さんは、150円位で見て貰っていたのに
    来月から数千円を求められるのです。

    当然それに見合う施術を提供しないとお客さんは離れます。
    だから、勉強が大変なんです。

    巷のマッサージ店、ほぐし云々処。
    深夜遅くまで営業していますね。
    みなさんマッサージの資格はお持ちなのでしょうか?
    車で通過する時にチラッと中を覗きますが、
    親指で、これでもかっ! 位の圧で押してますね。
    お客さんは気持ち良さそ~に見えます。
    指を痛めて廃業する同業者も少なくありません。

    なかなか予約の取れない整体院、
    ある一定以上の手技を提供出来て
    慢性疾患に対応できる整体院、
    あると思うのですが、ほぐし処云々と何が違うのでしょう?

    同じ業界、同じ看板と謳い文句。
    お客さん目線では中々見えない二極化の境界線があります。


    戻る