頭頂部のゆがみ

  • 頭のてっぺんを触ると少し形が違うと感じる事があるでしょう。
    頭頂部の骨を見てみましょう。

    下のイラストは、左側の頭頂骨(とうちょうこつ)を
    緑色に着色して左斜め後ろから見下ろしたものです。
    反対側には右側の頭頂骨があります。





    頭頂骨がゆがむ原因の多くは、窮屈な帽子やヘルメットを
    毎日被ることです。
    また、頭を叩かれたり強くこすられたりしますと
    その強さに応じて簡単にゆがみます。

    その場で戻すことができればいいですが、
    中々上手くいきません。
    頭のゆがみを自分で把握する事は意外に難しいものです。

    頭頂骨がゆがんで起こる症状は、
    頭が気持ち悪い。
    頭頂部に布を1枚引っ付けたような感覚がある。
    頭頂部がガンガンする。
    頭がふわふわする。
    集中力が続かない。
    頭がぼぅ~っとする。
    無意識に頭頂部を触る、などです。

    頭頂部は、髄液(脳脊髄液)※の圧をコントロールしていて
    デリケートな場所で少しのゆがみでさえ不具合をもたらします。

    ※髄液(ずいえき)は、頭蓋骨と脳の間を循環している液で
     脳と脊髄神経を保護しています。

    頭頂骨のゆがみ例を見てみましょう。
    下のイラストは、頭頂部を見下ろしたもので
    イラストの上側がお腹側、下側が背中側です。
    頭頂骨の前側には前頭骨が、後ろ側には後頭骨があります。
    右の頭頂骨が凹んで左の頭頂骨が右より出っ張っている
    ゆがみ例です。




    この場合、顔も頭頂骨の左右の凸凹のゆがみに合わせて
    右の顔が下がり、左の顔が上がります。
    耳や目、眉骨なども左より右側が足元方向に下がります。
    骨盤やウエストの高さ、肋骨の高さ、脚の長さにも影響が出ます。

    頭頂骨のゆがみをもう少し詳しく見ますと
    下のイラストのようなゆがみ例になります。

    頭頂骨を前側・真ん中・後ろ側と3分割してそれぞれを
    左右で比べます。




    出っ張っている所は、前側と後ろ側の右側と真ん中の左側です。
    凹んでいる所は、前側と後ろ側の左側と真ん中の右側です。
    あくまでも一例で、例えば右側の前側と真ん中が凹んだり出っ張ったり、
    凹凸が少し真ん中寄りであったり外側寄りであったりなど
    教科書通りにはいかない変則的なゆがみが実際は多いです。

    下のイラストは、頭頂骨周りの骨の継ぎ目を示したものです。
    骨の継ぎ目のことを縫合(ほうごう)と言います。
    冠状(かんじょう)縫合は、前頭骨と頭頂骨の間の縫合、
    矢状(しじょう)縫合は、左右の頭頂骨の間の縫合、
    人字(じんじ)縫合は、頭頂骨と後頭骨の間の縫合です。
    聞きなれない言葉で難しく感じるかもしれませんが
    単なる名称ですので興味のある方は覚えてみてください。




    凹凸以外のゆがみの他に前後と側方のゆがみがあります。
    下のイラストは、前後のゆがみを矢印で示したもので
    左側の頭頂骨が出っ張りながら前方(お腹側)へ、
    右の頭頂骨が凹みながら後方(背中側)へゆがんでいる例です。




    左側の頭頂骨が前方へゆがむとき、冠状縫合も右側に比べて
    左側が前方へ動きますので真横に位置している冠状縫合は
    斜めになります。
    同じように人字縫合や他の縫合も頭頂骨のゆがみに合わせて
    その場所を変えます。
    整体調整後は元の正しい位置に戻りますので安心してください。


    戻る