顔面拍動部



  • 当院では、他のコラムでも記してありますますように
    見れる限りの全身の骨の位置を検査します。
    頭蓋骨と顔面骨のチェックもあります。
    頭と顔の骨の位置を確認しゆがみをチェックします。

    整体施術の前後では骨の位置が良い方向に変化しますので
    頭の骨の位置が整ってすっきりしたり、頭の形が良くなったり、
    お顔が整って表情がすっきりしたり、目がパッと明るくなったり、
    小顔になったりします。

    頭や顔の骨の位置が正しくない場合、
    心臓からお顔や頭へ流れていく血流量に影響がでます。
    血行が悪くなるんです。

    整体施術の前後で触診でもってそれを確認できる所があります。

    上のイラストの黒丸印のところ。
    浅側頭(せんそくとう)動脈。
    心臓から首を上がって表情筋に栄養を与えてる大切な血管です。

    手首で脈が取れるように、耳の前でも拍動を感じれるポイントです。

    耳とこの動脈拍動部の間に『和髎(わりょう)』という名前の
    ツボがあります。
    耳のすぐ前にくぼんでいるところがありますね。




    このツボは、左右の聴力の調和を図るために用いられるツボです。
    耳の周りの骨は頭蓋骨の一部で側頭骨(そくとうこつ)といいますが、
    この骨の位置が整体後に正しくなりますと動脈の拍動の強さに
    変化が表れます。
    弱い拍動から強い拍動に変わります。

    整体後に身体が緩んで副交感神経が優位になり
    血管が拡張して血液の流れが良くなる効果も根底にはあります。
    血圧が下がり脈拍も安定します。

    整体後に手足が暖かくなるのも同じ効果です。

    例えば腕が捻れている例えとしてホースを用いますが、
    ホースが途中でよじれていると、水の出が悪くなるのと同じで
    腕が捻れていますと血流とリンパの流れが悪くなります。

    血流の悪さは冷え、リンパの悪さは浮腫みの原因です。

    整体施術の前後で動脈拍動部の変化を診てみるのも
    効果を確認する一つの目安になるのです。



    戻る