親指の付け根の痛みとしびれ

特に女性の方でしたら足の形は気になることでしょう。
なぜ片方の足の一部だけ出っ張っているのか?
なぜ片方の足にだけうまく体重が乗らないのか?
それらは、足のゆがみとして指の付け根に症状が現れます。

親指の内側がポコっと出ている形はひどくなると
外反母趾ですが
その手前程度のゆがみがあります。

外反母趾は、親指の付け根の内側がポコっと出て
痛むか変形を伴うもの。

反対側の同じ場所と比べますと明らかに指の付け根の形が違います。
指はねじれるもので親指がねじれますと体重をかけることができないか
重心がうまく足に乗らないような違和感を感じます。

指の付け根の一つ足首よりの骨に中足骨(ちゅうそくこつ)があります。

以下のイラストはすべて左足で説明しています。




足の甲の指先側の骨ですが調べますと足骨の縦軸に対して

斜めに付いており真っ直ぐではありません。
指の付け根から足首方向に辿っていくと
どんどん小指側に傾いていきます。

反対側の足はそうではなくほぼ真っ直ぐです。
足骨が斜めに付いているせいで
その更に一つ隣の足首よりの骨、
内側楔状骨(ないそくけつじょうこつ)が
小指側に傾きながら出っ張っています。




反対側の同じ骨より尖っている印象。

このタイプのゆがみは更に進みますと
更に一つ隣の足首よりの骨、

舟状骨(しゅうじょうこつ)のねじれを
引き起こしますがそこまでは確認できませんでした。



これらの骨の位置がずれることで
足の甲が高くなり足裏の形状も変わります。

通常、足の甲が高くなる分、足裏は凹みます。
逆に足の甲が低いですと扁平足状の足裏になります。

以上に説明した骨のゆがみを調整して位置を正しても
まだ違和感やしびれに似た感覚が残る場合は踵の骨を調べます。

外反母趾以外でも踵の骨はチェックします。


踵ー頭ー手ー背骨ー骨盤

これらはリンクしていますので整体施術の最終理想形は
踵の骨を真っ直ぐ整える事でもあります。

踵の骨をチェックしますと少し細かい場所ですが
真ん中がねじれていました。




一つの骨の中で場所によりいろんな方向に
ねじれる事が整体の難易度を上げています。


踵の骨の真ん中の内側と外側。
内側が出っ張って外側が凹んでいます。
踵の骨の足底も凸凹のゆがみがない方が望ましいです。


最後に親指の付け根の骨のねじれを調整しますと
内側の出っ張りが凹み
足の形が綺麗になり
体重がうまく
乗るようになりました。




しびれも取れました。


戻る