眉間



  • 顔の違和感、顔の痛み、目の周りの違和感、鼻の通り・・・。

    この様な、症状の場合、顔の骨の位置を調べますと
    眉間がゆがんでいることがあります。
    眉間のゆがみ自体は珍しくはないですが、程度によっては、
    上記の様な症状で悩まされる場合もちらほらあります。

    眉間のゆがみ?
    眉間てゆがむの?
    実際は、眉間を診る整体師が非常に少ないだけで、
    眉間のゆがみ自体は多々あります。
    耳鼻科のドクターでも鼻の中身は調べても
    鼻骨周囲の骨の位置は検査しないでしょう。

    眉間は、文字通り眉の間ですが、具体的には
    おでこの骨である前頭骨(※1)の前面中央最下端になります。




    眉間の直下には、鼻骨とその後ろに上顎骨(※2)があります。
    前頭骨・鼻骨・上顎骨、この3つが合わさるところが、
    眉間になります。
    眉間の調整は、これらの骨の調整で可能になります。

    鼻のゆがみなども、眉間の調整を含みます。

    眉間のゆがみのひとつは、回旋です。
    回旋は、眉間を左右に分けて考えた時に、
    眉間の右側が前方に出ている。
    左側が右側に対して後方に凹んでいる状態です。
    これは、眉間の左回旋です。
    右回旋はこの逆になります。

    上下のゆがみ。
    これは、おでこの骨と鼻骨のつなぎ目の横のライン、
    または、おでこの骨と上顎の最上端のつなぎ目の横のライン、
    これらを左右に分けて考えた時に高さが異なるものです。

    例えば、下のイラストの緑色で囲ってある部分、
    これは、おでこの骨と鼻骨の骨の接合部ですが、
    右側の接合部が左側の接合部に対して上にある、または、
    下にあるなどを触診します。

    指先で軽く触れると溝を感じることが出来ます。
    その溝が接合部分、前頭鼻骨縫合(緑色)です。
    縫合は、頭蓋骨で言う骨と骨のつなぎ目のことです。
    赤色の四角のところは、前頭骨と上顎骨の接合部です。
    前頭上顎縫合(赤色)です。




    眉間の調整法は、指先で直接眉間に触れて矯正する方法と
    間接的に指先を刺激して矯正する方法があります。
    いずれにしても、
    矯正の前後で眉間の骨の位置がどう変化したかを
    診る必要があります。

    目や顔の違和感と痛み、鼻の通り具合など、
    顔の神経や感覚に関わるこれらの症状は、治まる事があります。


    ※1 前頭骨については、こちらをご覧ください。

    ※2 上顎骨(じょうがくこつ)
      上あごの骨。


    戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です