眼圧

  • 定期的にいらっしゃるお客様からの嬉しい報告です。
    いきつけの眼科にて眼圧チェックをやっています。
    当院で整体を受けるようになってから眼圧が7下がったとの事。

    眼科のドクターもビックリして不思議がっていたとのことです。
    眼圧の高さは、緑内障と関係があります。




    眼圧が高いと眼の神経に与えるストレスが
    増えると考えられているんですね。

    日本では、最近になって糖尿病網膜症を抜いて、
    1番目の失明の原因となっているそうです。
    怖いですね。

    高眼圧は緑内障進行の最大のリスクファクターで、
    緑内障治療の基本は眼圧を下げることだそうです。
    視野障害の進行をそれで防ぐという事です。

    正常眼圧は、10~21 mmHg だそうです。
    私の診ているそのお客様は、20→13mmHg に下がりました。

    整体施術で、目が楽になるケースは、実は珍しいことでは
    ないんです。

    眼球(目)は、顔面骨の窪みに収まっていますが、
    顔面骨、頭蓋骨のねじれやゆがみにより、
    眼球が収まる窪みの容積が変わると、眼球に何らかの
    物理的ストレスが与えられる事はイメージしやすいですよね。

    眼球が収まっている窪みを眼窩(がんか)といいます。
    眼窩を構成する骨は、7つあります。
    頬骨・篩骨・上顎骨・口蓋骨・蝶形骨・前頭骨・涙骨
    専門用語ばかりだと難しく感じますね。
    頬骨(ほほぼね)やこめかみ部分の蝶形骨、おでこの骨の前頭骨が、
    目の周りにあるのはイメージしやすいと思います。




    上のイラストは、右側の眼窩で、右目が収まります。
    これらの骨が微妙に左右・上下・前後方向へ位置移動を
    起こすことで眼圧に影響が出るのでしょう。

    整体施術で整顔後に、目や頭がすっきりして、
    視野が開けたような感覚になる事は珍しく無いです。

    いかにこの分野への施術アプローチが大切か、
    理解する必要がありますね。

    眼科領域では、緑内障の原因を眼球に求めますが、
    いつまでも目を調べて、周囲の骨の位置を調べないのは、
    いくつかの顔の骨が動くという概念が眼科領域の中に
    無いからなのでしょう。

    しかし、眼球自体に原因があって、眼窩でしか診れない疾患も
    たくさんあるのは事実です。


    戻る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です