視覚と平衡



  • 日ごろ見たものや風景などの情報は、頭の後ろ側で処理されます。

    イラストのピンク色のところです。
    後頭部に当たります。
    大脳の一部で後頭葉(こうとうよう)と言います。
    後頭葉に視覚中枢があるんですね。
    ちなみに水色が前頭葉、頭の前側です。

    症状として目が疲れやすい、目がぼやける、目の奥が鬱陶しい。
    挙げればきりがないですが、理由の一つに後頭葉を包んでいる
    後頭骨の位置の悪さがあります。

    人によって頭の形が違うように頭のゆがみ方も十人十色です。
    頭ってゆがむの?
    そんな声が聞こえてきそうですが、ゆがみます。
    ぐにゃっとゆがむのではなくて、骨の位置がずれるのです。

    下のイラストは、頭を左から見たものです。
    右下に後頭骨があります。




    後頭骨の前側は、頭の中央まで伸びてこめかみの骨の
    蝶形骨(ちょうけいこつ)と頭の中央で関節をなしています。
    蝶形骨は、上のイラストの左上で緑色で囲ってある骨です。

    後頭骨の上半分は、大脳の後頭葉が収まります。
    後頭骨の下半分は、小脳が収まります。
    平衡と歩行を正常に保つ機能があります。
    目で見たものを映像化し、それをもとにまっすぐ歩けるように
    してくれているんですね。

    後頭骨の骨の位置が悪くなりますとこの機能が低下します。
    目の症状以外に重心バランス後頭部痛があります。

    後頭骨の位置を正す方法に親指刺激があります。
    下のイラストは右の親指です。




    後頭部に『玉枕(ぎょくちん)』というツボがあります。




    目の真後ろに当たります。
    頭を枕に乗せるときに当たる部分なのでこの字が使われています。
    玉は、尊いもの、丸いものの意味で脳を指します。(諸説あり)

    親指を後頭部に当てはめると、
    上の親指のイラストの爪の下の左右の赤い点が、玉枕になります。
    この個所をつまようじの先で5秒くらい当ててしばらく寝ていると
    後頭骨が動き出します。

    力は不要、先で触れる程度です。
    左右の親指にします。
    計4か所ですね。
    姿勢は、
    うつ伏せでも仰向けでも座ったままでも良いです。
    回数は1回で十分。

    後頭骨が整うとその下にある頚椎(けいつい:首の骨)も
    整いやすくなりますよ。


    戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です